フォームローラーを使用する利点と推奨事項と禁止事項

ストレッチ、ウォームアップ、クールダウンは、メインのエクササイズの練習と同じくらい重要です。

フォームローラーストレッチの人気で、どのようにトレーニングの回復に対応しますか?あなたもフォームローリングする必要がありますか?

フォームローリングとは何ですか?
フォームローリングは、フォームローラーを利用して筋膜リリース、または収縮筋の弛緩を提供します。運動すると、筋線維が裂けて腫れ、時間の経過とともに癒着、つまり筋線維の厚い「結び目」ができることがあります。

フォームローリングエクササイズは、タイトな筋肉を滑らかにし、長くするのに役立ちます。筋肉が弛緩すると、血流と循環が改善され、より迅速な回復が促進されます。

フォームローリングの7つのすべきこととすべきでないこと

フォームローラーのストレッチは、ワークアウト後の回復の成功に貢献できます。残念ながら、しかし、フォームローリングのエクササイズはしばしば誤って実行され、その効果を低下させます。

フォームローリングの推奨事項と禁止事項を使用して、回復の成功を高めます。

 

1.回復のためにフォームロールを行います。

フォームローリングエクササイズを使用して、体が筋肉痛から回復するのを助けます。これは、ワークアウト後の回復と治癒のプロセスをスピードアップするのに役立ちます。

これにより、体が健康に保たれ、次のトレーニングセッションに進む準備が整います。

2.フォームローリングのエクササイズはゆっくり行ってください。

ターゲットにしている直接の筋肉にフォームローラーを置き、ロールの上に自分を置きます。

リラックスして体重を使って、各エリアを少なくとも5〜10回ゆっくりと転がします。緊張を和らげるために、気軽に一時停止してください。

3.デリケートな領域により多くの時間を費やしてください。

あなたはすべての体の領域をターゲットにすることができ、そしてそうすべきですが、敏感な領域により多くの時間を費やしてください。

優しさが和らぐまで前後に転がり続けます。

4.フォームローラーを使用するときは、水分を補給してください。

脱水した筋肉は、善よりも害をもたらす可能性があります。フォームローラーを巻いた後は、水分を補給し、たくさんの水を飲むことが重要です。

フォームローリングの禁止事項

5.彼らの必要性と重要性を損なうことはありません。

効果的なフォームローリングを使用して、筋肉の癒着を取り除き、減らす必要があります。フォームローラーのストレッチは、ハイレベルのアスリートだけのものだとは思わないでください。

6.筋肉痛にはフォームローラーだけを使用しないでください。

フォームローリングがフレア筋肉専用であると思い込まないでください。

実際、フォームローラーのエクササイズは、ウォームアップまたはクールダウンルーチンの一部として使用することもできます。また、筋肉の長さと柔軟性の向上にも役立ちます。

7.すべてのローラーが同じだとは思わないでください。

すべてのフォームローラーが同じように作成および処理されるわけではありません。低密度ローラーは、より堅固な高密度ローラーと比較して、より少ない圧力を提供します。

8.痛みを無視しないでください。

フォームローラーを使用したことがある場合は、その使用法がリラックスマッサージとはかなり異なることをご存知かもしれません。

ただし、痛みが耐えられない場合は、ローリングを中止することが重要です。フォームローリングは不快ですが、許容できるはずです。